FC2ブログ
プロフィール

kurochan

Author:kurochan
マエ×ドキとは前向きとドキドキの造語。
日々の出来事をひたすら前向きに、そしてドキドキとしながら楽しむ毎日。
記録というものがいつしかそれが記憶となり、ヒトは成長する。
そんなたった一度しかない物語をプロデュースします!
どうぞよろしくお願いします!

《閲覧規約》

1.(サイトの開設の趣旨)
(1)mae×Doki produce!(以下当サイト)は、管理人であるkurochan(以下管理人)が個人で運営し、日常の動きやレポートなどを公開している。
2.(サイト閲覧にあたって)
(2)当サイトは、個人運営サイトのため、内容についての質問・問い合わせはメールフォームまたは管理人へメールでの対応とする。特に鉄道部門に関しては、絶対にJR及びその他の鉄道会社への問い合わせをしてはならない。
(3)当サイトを利用されたことによって何らかの損害が発生しても管理人は一切の責任を負わない。

3.(著作権について)
(4)当サイトに掲載されている画像、文書及び作品などは、管理人もしくは画像提供者に帰属する。したがって、これらの無断転載及び無断改変は禁止する。
(5)(4)のような違反行為が発覚した場合、管理人は当サイト及び当ブログでIPアドレス・ホスト名等の公表・告知、”著作権法違反”とみなし、各プロバイダーに問い合わせ削除要請、賠償金請求などの厳重たる措置をとることができる。
(6)当サイトの画像、文書及び作品などを使用したい場合は、事前に必ず管理人へメールで許可申請をしなければならない。その際、使用場所、使用用途、使用理由を明確に申請しなければならない。
(7)(6)の使用理由の内容及び、当サイトの運営上不適当と判断した場合は許可しない。
(8)(6)の使用許可後は、当サイトのファイルであることを必ず明記し、直リンクで転載してはならない。なお、違反行為が発覚した場合、管理人は(5)の措置をとることができる。

4.(リンクについて)
(9)当サイトのリンクはトップページに限りフリーとする。相互リンクの際は事前に管理人へメールで相互リンク依頼申請をしなければならない。管理人で検討し、可否をメールで回答する。
(10)(9)の相互リンク先の内容が当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合は許可しない。その場合は、メールで回答する。
(11)トップページ以外のページへのリンク設定はしてはならない。
(12)違反が発覚した場合、リンク継続及び当サイトの運営上不適当と判断した場合、管理人は予告なく打ち切ることができる。

5.(ブログのコメントについて)
(13)当サイトのブログ内にコメントを入力することができる。コメントについては荒らし防止のため承認制とし、管理人で承認してからの掲載とする。管理人や他の閲覧者に不快感を与えるコメント、当サイト・ブログ運営上不適当と判断したコメントは予告なく削除できる。また、コメント掲載後当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合、不適当と判断した以前のものについても同様とする。
(14)当サイトのブログのコメントでは要望事項・苦情・記事に関する問い合わせ等は受け付けない。これらの内容については当サイトにあるメールフォームからの問い合わせ及び管理人へのメールでの対応とする。それ以外の方法では受け付けない。

6.(メールフォームについて)
(15)当サイトではメールフォームにて問い合わせをすることができる。
(16)トラブル防止と荒らし対策のため、匿名では受け付けない。必ず本名・メールアドレス等必要事項を記入しなければならない。
(17)(16)から取得した個人情報に関する取り扱いは次項の規定に準ずる。

7.(個人情報に関する取り扱いについて)
(18)当サイトのメールフォームから取得した個人情報は、管理人からの連絡のみに使用する。ただし、法令に基づいた開示を求められた場合を除き、承諾なしに第三者に提供、開示をしない。
※ご意見・ご質問・苦情に関して
メールはこちら
携帯からはこちら
(2013年10月1日制定)

Twitter
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

神領車両区一般公開に参戦!しかし…

2018年10月14日 日曜日

皆様こんにちは
もうすでに12月となったものの、気候はあり得ないくらいの暖かさでありましたが、やっと神領車両区のレポートの準備ができましたので書いていきたいと思います。
この日は初めての神領車両区の一般公開に行ってきました。
ホテルで朝飯を済ませた後、地下鉄で名駅へと戻り、ここから中央本線へと入り神領へ…

CSF_4388-2.jpg

CSF_4395-2.jpg

CSF_4404-2.jpg

この日はさわやかウォーキング参加者500万人達成の記念式典を兼ねてのイベントでありました。神領車両区というと東海の中枢ということであるのでどんなイベントになるのか?と期待していました。また、他社の一般公開も初めてであるためどんな展開になるのかと期待していました…。しかし、意外にも短い時間で見事にも裏切られるとは…(これはいい意味ではなくて)

CSF_4407-2.jpg

CSF_4729-2.jpg

CSF_4728-2.jpg

CSF_4408-2.jpg

結論から言うと東海ファンの方には大変申し訳ないですが、

「こんなイベントはないな!!」

というくらい大変酷い内容でした。

どういうことかというと、
ファン目線というか、今年悪い意味で話題となった「阿波踊り」でも色々と考えた所はあったかとは思いますが、私が思うに、

『初めて「見せてやる」から来てくれたお前らは文句言わずただ黙って見れや!!』

というオーラが明らかに出ていたところです。要するに、九州民から見て目線から分かっていないところです。

CSF_4418-2.jpg

CSF_4410-2.jpg

CSF_4412-2.jpg

CSF_4414-2.jpg

CSF_4423-2.jpg

CSF_4427-2.jpg

CSF_4430-2.jpg

CSF_4435-2.jpg

CSF_4437-2.jpg

CSF_4438-2.jpg

CSF_4440-2.jpg

CSF_4448-2.jpg

CSF_4451-2.jpg

CSF_4452-2.jpg

まず、神領車両区となると先述の通り東海地区の中枢となる場所な割には狭いスペースに車両を数両展示させるだけの始末。実際運転士が操作している主幹制御器(列車を動かす機器)やブレーキハンドルの展示に関してはある程度は良かった上、自分も勉強になったのですが、(もう少し工夫や仕掛けが必要!)パンタの仕組みや架線のことについてはただ展示だけで内容が抽象的でおそらくマニアでない限り理解できない内容でありました。

体験型というのもありましたが、何か「やらせてやる!」というオーラが強かったようです。もう少し工夫が必要なのではないかと従事者として思いました。

一つだけ評価するとなると、車両ごとに普段表示することのない字幕を所々で表示させることで楽しませていていたところです。評価できたのはもうそれだけです。

「いや、名古屋車両区の一般公開も最近やって色々と慣れていないもので…」

と言うかもしれませんが…

「お前ら、それをどうにかしてファンを喜ばせるのがプロの仕事だろ!!」

と罵声を上げたいくらいお粗末なイベントでした。また後で書きますが、この1ヶ月後のあおなみ線の潮凪車庫のイベントの方がだいぶマシでした(笑)この時は4社合同イベントでしたが、ここでも何か威張っているような感じで残念でした。(他社局はイベントブースを設けていたが某社は全くなし)

こういうイベントは、ファン目線で興味を引き付けるような仕掛けをして、少しでも鉄道を敷設した喜びや面白さを引き付けるようにしなけれなばらない。「展示する」だけでは簡単、それだけでは威張っているように感じてしまう。
ハード面だけでなくて、そこから延長した興味や関心を引き付けるようなソフト面も大事なのではないかと思います。
そうしないと、今は良くてもいつかは飽きられてしまうので…

かなり厳しいことを言いましたが、そうしないと私自身も怠けてしまうので…、来年がどうなるのか見ていきたいと思います。

話は変わりますが、このイベントでは初めてお会いした方も大勢いらっしゃいました。
最後にお会いした方と記念撮影をした後、名駅へ戻り、帰路がセントレアからでしたので、せっかくなのでミュースカイの指定席を取ってセントレアへ

CSF_4761-2.jpg

CSF_4763-2.jpg

CSF_4765-2.jpg

CSF_4772-2.jpg

CSF_4776-2.jpg

CSF_4783-2.jpg

セントレアは初めてでしたが、大きい空港の割には店が少ない上、制限区域に入るとお店が皆無に近いくらいの少なさに愕然としました。(某氏から事前に通告されていたのでそまだよかったのですが…)

帰りはセントレアから戻ることに…
せっかくなのでANAのプレミアムクラスを利用することにしました。プレミアムクラスは私自身初で、きめ細やかなサービスでなかなかよかったです。座席もノビノビと足を延ばせて贅沢な造りとなっていました。

課題山積みのイベントではありましたが、今後どう改善していくか見守っていきたいと思います。
初めてお会いした皆様、お疲れ様でした!

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

Comment

非公開コメント