プロフィール

kurochan

Author:kurochan
マエ×ドキとは前向きとドキドキの造語。
日々の出来事をひたすら前向きに、そしてドキドキとしながら楽しむ毎日。
記録というものがいつしかそれが記憶となり、ヒトは成長する。
そんなたった一度しかない物語をプロデュースします!
どうぞよろしくお願いします!

《閲覧規約》

1.(サイトの開設の趣旨)
(1)mae×Doki produce!(以下当サイト)は、管理人であるkurochan(以下管理人)が個人で運営し、日常の動きやレポートなどを公開している。
2.(サイト閲覧にあたって)
(2)当サイトは、個人運営サイトのため、内容についての質問・問い合わせはメールフォームまたは管理人へメールでの対応とする。特に鉄道部門に関しては、絶対にJR及びその他の鉄道会社への問い合わせをしてはならない。
(3)当サイトを利用されたことによって何らかの損害が発生しても管理人は一切の責任を負わない。

3.(著作権について)
(4)当サイトに掲載されている画像、文書及び作品などは、管理人もしくは画像提供者に帰属する。したがって、これらの無断転載及び無断改変は禁止する。
(5)(4)のような違反行為が発覚した場合、管理人は当サイト及び当ブログでIPアドレス・ホスト名等の公表・告知、”著作権法違反”とみなし、各プロバイダーに問い合わせ削除要請、賠償金請求などの厳重たる措置をとることができる。
(6)当サイトの画像、文書及び作品などを使用したい場合は、事前に必ず管理人へメールで許可申請をしなければならない。その際、使用場所、使用用途、使用理由を明確に申請しなければならない。
(7)(6)の使用理由の内容及び、当サイトの運営上不適当と判断した場合は許可しない。
(8)(6)の使用許可後は、当サイトのファイルであることを必ず明記し、直リンクで転載してはならない。なお、違反行為が発覚した場合、管理人は(5)の措置をとることができる。

4.(リンクについて)
(9)当サイトのリンクはトップページに限りフリーとする。相互リンクの際は事前に管理人へメールで相互リンク依頼申請をしなければならない。管理人で検討し、可否をメールで回答する。
(10)(9)の相互リンク先の内容が当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合は許可しない。その場合は、メールで回答する。
(11)トップページ以外のページへのリンク設定はしてはならない。
(12)違反が発覚した場合、リンク継続及び当サイトの運営上不適当と判断した場合、管理人は予告なく打ち切ることができる。

5.(ブログのコメントについて)
(13)当サイトのブログ内にコメントを入力することができる。コメントについては荒らし防止のため承認制とし、管理人で承認してからの掲載とする。管理人や他の閲覧者に不快感を与えるコメント、当サイト・ブログ運営上不適当と判断したコメントは予告なく削除できる。また、コメント掲載後当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合、不適当と判断した以前のものについても同様とする。
(14)当サイトのブログのコメントでは要望事項・苦情・記事に関する問い合わせ等は受け付けない。これらの内容については当サイトにあるメールフォームからの問い合わせ及び管理人へのメールでの対応とする。それ以外の方法では受け付けない。

6.(メールフォームについて)
(15)当サイトではメールフォームにて問い合わせをすることができる。
(16)トラブル防止と荒らし対策のため、匿名では受け付けない。必ず本名・メールアドレス等必要事項を記入しなければならない。
(17)(16)から取得した個人情報に関する取り扱いは次項の規定に準ずる。

7.(個人情報に関する取り扱いについて)
(18)当サイトのメールフォームから取得した個人情報は、管理人からの連絡のみに使用する。ただし、法令に基づいた開示を求められた場合を除き、承諾なしに第三者に提供、開示をしない。
※ご意見・ご質問・苦情に関して
メールはこちら
携帯からはこちら
(2013年10月1日制定)

Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

717系の思い出

皆様、こんにちは(^^)
今日は717系の思い出について書いていきたいと思います。
最近、Twitterで話題になっているようで、自分でまとめた運用表も見ながら活躍していた頃を思い出していました。
この列車の原型は今年まで北陸地区で走っていた475系をベースにした列車で、全盛期は全国各地で急行列車を中心に活躍していました。今では急行列車と名乗るのも少なくなってしまいましたが、特急料金と急行料金はかなりの違いがあり、お得感があります。

と、話が脱線してしまいましたが、717系を振り返ると撮影を始めた2007年からさかのぼります。その頃は、415系が鹿児島に転属したことに伴い、ベースとなった475系が運用離脱した年でした。この年の鹿児島地区は充当列車が大きく変わった最初の年でした。この時に登場したのが朝の6927M(都城~鹿児島中央)で、717系3編成の6両運転でした。鹿児島の717系には前期型(HK1~HK4)、後期型(HK5~HK7)、そして3ドアに改造した(HK901)が在籍していました。前期型と後期型の違いは、ドア戸袋窓があるのが前期型、ないのが後期型でした。そして、HK901は真ん中のドアだけが両開き、それ以外は片開きで、475系の原型をそのまま残している珍車でした。

運転区間もかなり広く、一番広かった2008年には杵築~大分~延岡~宮崎~鹿児島~串木野(不定期で川内まで)でした。ほとんどが2両のワンマン運転で延岡以北は2両でもツーマンでしたが、独特の走行音などかなり楽しめた列車でした。

FSC_5260-2.jpg

FSC_8582-2.jpg

夕べ、Twitterで書き込んでいると色々な思い出が出てきました。
2008年、津久見花火大会に行った時に撮影して、その帰りに幸崎まで717系に乗り、花火臨で大分まで行き、3時間大分駅の待合室で暑さと格闘して待ち、ドリームにちりんで博多へ向かったことや、2009年の今頃、延岡以北がキハ220形に変わるときに最後に楽しもうと佐伯までの往復を乗った際、大分から下ってくる717系が車両故障に遭い、佐伯~延岡間ほぼピストン運行になり佐伯駅で長時間待たされて、晩飯を買いにコンビニに行くも駅からすぐのコンビニが潰れていて、マックスバリュまでかなりの距離、

「さあ、どうしよう~」

と途方に暮れたときにキオスクが開いていてたまたまシーフードヌードルが置いてあり、しかもお湯まで使わせてもらって食べたことを思い出しました。その後は無事に乗って延岡に戻り、道の駅北川はゆまで車中泊して、翌朝、佐伯に上っていく717系を撮影し、市棚でも狙った後、南下していくキヤを撮影しながら帰りました。

DSC_2005-2.jpg

DSC_4080-2.jpg

DSC_2020-2.jpg

大きな出来事はこの2つで、他には2008年春に415系が故障して、475系を国鉄色にしたGK5とHK3が代走したことや、先ほど書いた津久見花火大会の撮影に行った頃は883系が全車7両化し運用変更が生じたこと、下ノ江(だったかな?佐志生だったかも?)で佐伯発のソニックを狙ったり…と、どれをとっても懐かしい出来事が思い出されます。

写真をやっていくと、撮る瞬間は「記録」ですが、年月が経って振り返るとそれが「記憶」となります。717系という一つの列車でも、ここまでのストーリーがありました。最近、鉄道写真がサボりがちになっていますが、このTwitterの話題がきっかけで、いかにして記録活動が必要なのかを考えさせられる瞬間でした。

「今から撮れればいいじゃん!」

「残念ですが、717系は運用離脱し、解体済ですのでこの写真はもう一生撮れません!」

GSC_4900-2.jpg

恥ずかしながら、717系3編成6両の写真が残っていたのはこの一枚だけでした。今はそれを後悔しています。ですが、もう撮れません。
そんなことにならないように、「今」という時間を大事にしていきたいと思います。

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

Comment

こんばんは。
717系が廃車になりしばらく経ちましたね。
急行型電車が活躍していた時代が終わり、その地域の実情に合った車両に改造されて、そしてその車両も既に引退しました。
全て電動車の6両編成は走る姿も音も迫力があったのではないでしょうか。
今の新しい車両と比べるとだいぶ保守的なデザインに見えますが、地方都市の列車を近代化した1つの車両だったのではないかと思います。
お写真楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

>風旅記さん
こんばんは。
たまたまTwitterで717系の話が出ていたのでこの記事を書いてみました。
元々は急行型から始まり、それを地域のニーズに合わせて造られた車両でした。
717系は独特の走行音がして、楽しませてもらったことを今でも思い出します。
この6両編成で走っている列車は車両は変わりましたが、今でも6両で朝都城から下る列車に使用されていますが、
その記録作業に奮闘しているところです。
これからも記録をしつつ、その時の出来事を後世に伝えられるようにしていきたいと思います。
非公開コメント