プロフィール

kurochan

Author:kurochan
マエ×ドキとは前向きとドキドキの造語。
日々の出来事をひたすら前向きに、そしてドキドキとしながら楽しむ毎日。
記録というものがいつしかそれが記憶となり、ヒトは成長する。
そんなたった一度しかない物語をプロデュースします!
どうぞよろしくお願いします!

《閲覧規約》

1.(サイトの開設の趣旨)
(1)mae×Doki produce!(以下当サイト)は、管理人であるkurochan(以下管理人)が個人で運営し、日常の動きやレポートなどを公開している。
2.(サイト閲覧にあたって)
(2)当サイトは、個人運営サイトのため、内容についての質問・問い合わせはメールフォームまたは管理人へメールでの対応とする。特に鉄道部門に関しては、絶対にJR及びその他の鉄道会社への問い合わせをしてはならない。
(3)当サイトを利用されたことによって何らかの損害が発生しても管理人は一切の責任を負わない。

3.(著作権について)
(4)当サイトに掲載されている画像、文書及び作品などは、管理人もしくは画像提供者に帰属する。したがって、これらの無断転載及び無断改変は禁止する。
(5)(4)のような違反行為が発覚した場合、管理人は当サイト及び当ブログでIPアドレス・ホスト名等の公表・告知、”著作権法違反”とみなし、各プロバイダーに問い合わせ削除要請、賠償金請求などの厳重たる措置をとることができる。
(6)当サイトの画像、文書及び作品などを使用したい場合は、事前に必ず管理人へメールで許可申請をしなければならない。その際、使用場所、使用用途、使用理由を明確に申請しなければならない。
(7)(6)の使用理由の内容及び、当サイトの運営上不適当と判断した場合は許可しない。
(8)(6)の使用許可後は、当サイトのファイルであることを必ず明記し、直リンクで転載してはならない。なお、違反行為が発覚した場合、管理人は(5)の措置をとることができる。

4.(リンクについて)
(9)当サイトのリンクはトップページに限りフリーとする。相互リンクの際は事前に管理人へメールで相互リンク依頼申請をしなければならない。管理人で検討し、可否をメールで回答する。
(10)(9)の相互リンク先の内容が当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合は許可しない。その場合は、メールで回答する。
(11)トップページ以外のページへのリンク設定はしてはならない。
(12)違反が発覚した場合、リンク継続及び当サイトの運営上不適当と判断した場合、管理人は予告なく打ち切ることができる。

5.(ブログのコメントについて)
(13)当サイトのブログ内にコメントを入力することができる。コメントについては荒らし防止のため承認制とし、管理人で承認してからの掲載とする。管理人や他の閲覧者に不快感を与えるコメント、当サイト・ブログ運営上不適当と判断したコメントは予告なく削除できる。また、コメント掲載後当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合、不適当と判断した以前のものについても同様とする。
(14)当サイトのブログのコメントでは要望事項・苦情・記事に関する問い合わせ等は受け付けない。これらの内容については当サイトにあるメールフォームからの問い合わせ及び管理人へのメールでの対応とする。それ以外の方法では受け付けない。

6.(メールフォームについて)
(15)当サイトではメールフォームにて問い合わせをすることができる。
(16)トラブル防止と荒らし対策のため、匿名では受け付けない。必ず本名・メールアドレス等必要事項を記入しなければならない。
(17)(16)から取得した個人情報に関する取り扱いは次項の規定に準ずる。

7.(個人情報に関する取り扱いについて)
(18)当サイトのメールフォームから取得した個人情報は、管理人からの連絡のみに使用する。ただし、法令に基づいた開示を求められた場合を除き、承諾なしに第三者に提供、開示をしない。
※ご意見・ご質問・苦情に関して
メールはこちら
携帯からはこちら
(2013年10月1日制定)

Twitter
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

やっと投稿できる状態に…、新たな資格試験を受けに熊本へ

2018年6月13日 水曜日

皆様こんにちは
こちらではご無沙汰してます。何かと忙しいのと体調不良でなかなか投稿できなくて申し訳ない思いです。
書ける分だけどんどん書いていこうと思います。

この日は陸上特殊無線技士試験受験のため、熊本へ行っていました。陸上特殊無線技士とは、私は普段、乗務や指令業務で列車無線を取り扱っているのですが、本来なら電源を「入」「切」する段階から資格が必要であって、某社では株式上場の頃から取得することが義務付けられているようです。私の職場ではまだそこまでは至ってはいないものの、

「いずれ将来にわたって必要となるだろう」

と判断し、昨年の危険物取扱者試験の時のように言われてからドタバタで受けるというのは避けたかったというのもあって今回受験することに至りました。

602Aで上って熊本からは豊肥本線に乗り換えて1447Mで水前寺へ向かい、そこからは徒歩で受験会場となる熊本青年会館(ユースピア熊本)へ向かいました。

DSC_2291-2.jpg

DSC_2292-2.jpg

着いた時には既に何名か受験者がいらしていました。試験30分前になって試験場に入り、注意事項等を経て11時に試験開始。
試験は法規12題(8題以上正解で合格)と無線工学12題(8題以上正解で合格)の試験時間1時間でした。
法規は問題なかったのですが、無線工学で、

「こんなのやったことねぇーぞ!!」

と目を疑う問題が1題あり、デジタル変調に関する問題でしたが、

「FSK、4値FSKって何やねん?」

と慌てふためいた場面がありましたが、それ以外はどうにかできて終了でした。

その後、熊本駅へ戻り昼飯。
昼飯後は高架化された熊本駅在来線は初めてだったのでそれを散策&解体されつつある白川口を見納めに…
白川口というと10年前に某氏と初めて会った場所、しかも初めて仕事した場所でしたが、その現場はすでに"夢のあと"となってしまいました~(泣)

CSF_2955-2.jpg

1番のりば跡地

CSF_2956-2.jpg

真上が1~3番のりば

CSF_2957-2.jpg

連絡通路(以前は地下通路)

CSF_2958-2.jpg

改札口(白川口)

CSF_2959-2.jpg

連絡通路

CSF_2960-2.jpg

改札口

CSF_2961-2.jpg

CSF_2962-2.jpg

白川口駅舎

CSF_2964-2.jpg

CSF_2967-2.jpg

JR九州旅行熊本支店
イベント列車等で色々とお世話になりました~(いい意味でも悪い意味でも…爆)

CSF_2968-2.jpg

CSF_2969-2.jpg

CSF_2971-2.jpg

CSF_2970-2.jpg

CSF_2972-2.jpg

3月まで賑わっていた白川口もすでにシャッター街化して、解体待ちとなっておりました。高架化される前の大分駅のことを思い出しながら…(昔、津久見花火大会からの帰り、深夜に大分駅周辺を徘徊していた頃等)

CSF_2952-2.jpg

高架化された熊本駅を視察したのですが、何度かネットのニュースとかで聞いてはいたのですが、高架化されてからホームが極端に狭くなって朝方混雑している時間帯がかなり危険な状態になっているようで、どんな状態になっているのかを見る目的もありました。

熊本駅の構造が1つの島に上り方に1番のりば、下り方に2番のりば(中間部で車止めあり)長編成が停められるような構造で3番のりばとなっていて、それが同様に4~6番のりばと1つの島となっている変形した構造となっています。

CSF_2980-2.jpg

CSF_2981-2.jpg

CSF_2982-2.jpg

CSF_2983-2.jpg

1~3番のりば

CSF_2984-2.jpg

CSF_2985-2.jpg

CSF_2986-2.jpg

4~6番のりば

この構造も特殊ですが、問題はここからで木造の柱・梁となっていて、構造上太くしなければならないために、ホームの幅が狭くならざるを得なくなったことです。3面6線にすれば問題なかったところをスペースの都合上、2面6線にしているところであります。(ちなみに大分駅の場合は4面8線※6~8番のりばは架線なし)ホームの幅というのは実際のところ明確な基準というのがないらしいですが、現場をみてこれは運転士目線から見て

「これはちょっと危ないなぁ~」

と思いました。実際のところ先月から平日のみのりばの変更があって対策はしているようです。

CSF_2973-2.jpg

CSF_2974-2.jpg

CSF_2975-2.jpg

CSF_2976-2.jpg

CSF_2987-2.jpg

CSF_2977-2.jpg

CSF_2978-2.jpg

CSF_2979-2.jpg

新幹線で行き来していて、その後することもなかったので5325Aで帰宅しました。この列車は今回のダイヤ改正で誕生した昼間に走るN700系のつばめでした。

試験結果は来月初頭に分かるので、どうなることやら…

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

ついに2ヶ月の苦難に"サクラサク!"

皆様こんばんは(^^)
いかがお過ごしでしょうか?
久々の投稿となります。9月からこれまで更新頻度が少なめとなっておりました。
と言いますのは、これまでにも書いていきました去る10月28日に危険物取扱者試験を受験に九州共立大学に行ってきました。
そして本日正午に発表の日を迎え、無事合格することができました。

8月31日に受験を決め、9月1日に受験を申請し参考書等を揃え、9月2日から勉強開始と日数が僅かでその中で答案練習もしなければならないので正味40日でテキストを終わらせなければならず、しかも10月は鹿児島市民文化ホールで開催した鉄道写真展とも見事に重なり準備もしつつ、さらに9月中旬過ぎから台風の影響で日豊本線が一部不通になった関係で緊急の写真撮影が入ったりと、大変厳しい環境の中での試験勉強でした。

危険物取扱者試験は、
1.危険物に関する法令(15問中9問以上正解)
2.基礎的な物理・化学(10問中6問以上正解)
3.危険物の性質・火災予防・消火の方法(10問中6問以上正解)

といった構成で、まずは言葉を覚え、慣れることから始まりました。物理・化学は高校卒業程度(私の時代では物理IB・化学IB(一部化学Ⅱ含む))で、高校時代は理系だった上、化学は得意でしたので、

「ある程度大丈夫だろう~」

と半分なめてかかっていました。
これが試験数日前までヒヤヒヤすることに…

「化学反応式がうまく立てられない。」

その頃、消防試験研究センターのHPでアップしていた過去問題を解いていた頃でしたが(9月末頃)、ここで一気に物理とともに危機感を感じ、一気に化学反応式と熱化学方程式の練習となりました。高校時代からウン年のブランクを感じた瞬間でした。

今思うと、法令と物理化学は同時進行で勉強すべきだったと反省しております。(効率的に進めるうえで)
法令は特に

「ことばの罠(わな)」

を痛感させられました。確かに国家試験ですからそれがあるのは所定ですが、慣れるまでが一苦労でした。ある意味難しかったのは、

「許可」「届出」「承認」「認可」

この言葉たちです。最後の最後まで振り回されました。

指定数量も第4類危険物以外(硫黄・マグネシウム・硝酸等)が出題されることもあるので、それの指定数量を覚えるのも一苦労でした。幸い、私の試験の時は第4類の組合せ計算だけでした。

【今回お世話になったテキスト】
・最新乙種第4類危険物取扱者合格完全ガイド(日本文芸社)
・乙種4類危険物取扱者試験平成29年度版(公論出版)
・乙種第4類危険物取扱者精選問題300選(引文社)
・乙種第4類危険物取扱者本試験そっくり!問題集(ナツメ社)

CSF_0163-2.jpg

最初は日本文芸社のテキストで進めていきました。図解は分かりやすくよかったのですが、練習問題が少なく、

「大丈夫かな?」

と悩みだし、精選問題集の追加の問題集ということで公論出版のテキストを購入しました。まだこの時点ではスゴいテキストとは実感していませんでした。ただ、アマゾンでベストセラーというだけで…(ガチで!)
しかし、これが大当たりになるとは…

まず最初に思ったのは、日本文芸社のテキストでカバーできていなかったことをきちんと述べていたことと、公論出版のテキストは文章の羅列になっていても、それは試験で最も重要なことを整理していたことです。これが実際の試験にも役に立ち、最後の2週間はこれとそっくり!問題集で乗り切りました。
私が受けた試験は、約半分は公論出版のテキストからそのまま的中でした。試験後の夜、帰りの新幹線で笑いがこみ上げるほどでした。

やはりどれだけベストセラーだったかが理解できました。
ちなみに公論出版のテキストは書店では購入できません。(公論出版HPかアマゾン・楽天ブックスなどネットでの購入のみ)
ホンマに助けられて戦争だった2ヶ月を乗り切ることができました。

さて、これから免状申請作業が始まります。

「Challenge for the future!」

でさらに乗り切っていきたいと思います。
試験の成績ですが、法令100点、物理・化学90点、性質100点でした(11/24追記)

テーマ:日記だよ
ジャンル:趣味・実用

フォトコンテストの審査委員を務めて…

皆様こんばんは(^^)
さて時間が経ちましたが、10月某日、募集の告知を致しましたおれんじ鉄道フォトコンテストを実施し、その審査を行いました。
今回私は、その審査委員を務めさせていただきました。
応募総数142点から最優秀賞1点、優秀賞3点、入選5点を選びました。上位に輝いた作品はどれもレベルの高いもので、中でも最優秀賞の作品はあらゆることに計算尽くした内容で、審査委員長の八代白百合学園の中西先生も大絶賛の内容で、私も脱帽の1枚でした。
一番悩んだのは入選の作品で接戦となり、
「あともう少しで入選なんだけどなぁ~」
というのが多くあったことです。
「これはよさそう~」
というところがある一方、
「もったいないなぁ~」
というところもありました。
日頃、私も写真を撮らせていただいていますが、やはり日頃の大切さや季節感、バランスなどを学ばせていただく絶好の機会となりました。
作品や中西先生からのコメントについては下記のPDFにてご覧いただけたらと思います。
また、この作品を明日から12月中旬まで、車内でも展示いたしますので是非お越しいただき、ご覧いただけたらと思います。(HSOR106A・HSOR108A車内にて)

http://www.hs-orange.com/cgi_bin/webpat/document/board/2016/110101/index.html

フォトコンテストの結果について

http://www.hs-orange.com/cgi_bin/webpat/document/board/2016/110701/index.html

入賞作品展示列車について

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

本気で取り組まなきゃ意味がない!

2016年10月17日 月曜日

皆様こんばんは(^^)
土曜日・日曜日は久々に博多~小倉~長崎~早岐と北部九州を駆け回っていました。長崎に行ったのは5年ぶりで今の職場になってからは初めての訪問でした。そして昨日は8年ぶりの小倉総合車両センターまつりに行ってきました。10年前に初めて参加し、段取りが分らないまま出掛けたことを懐かしく思います。
「あれから10年(きみまろ風(爆))」←実際はあれから40年だが
ネタが徐々に減りつつありますが、それと同時に新しいことへと進みつつある場面もありました。今日は病院へ薬もらいに行ったり、デスクワークをしていたので、この2日間の写真の現像が全くできていませんので、こちらの模様は後ほど…
今日は最近気になった記事についてお話します。勿論、今後の私自身にも関わる話にもなります。
先日指令勤務をしていた時にインターネットを見ていると1つの企業の取り組みが気になりました。
それは神奈川県にある秋山木工です。
"恋愛禁止"
とか
"5年間は男女とも丸刈りで寮生活"
とか
"携帯電話禁止、連絡手段は手紙のみ"
などと一見、今の時代では考えられないことをやっているのですが、それが職人になるための最先端の道であることを…
この企業は以前テレビ東京系の「ガイアの夜明け」でも取り上げられ闘い続ける企業の動きをとらえているのですが、ここでは、
「丁稚(でっち)」
という制度があります。つまり弟子が親方のところに住み込みで働くことです。最初の1年は学校の生徒として、2~5年目までは丁稚として働き、技能が認められると6年目からは職人として働き、8年経つと卒業して、それぞれの道へと進みます。なぜそれぞれの道へとなるとかというと社長のこだわりがあり、
「ずっと居続けると自分のところでしか成長できない上、世間が分からなくなる」
ということです。
さらにここでは職人30箇条といい、心構えを毎朝朝礼で唱和しています。私もこちらを実際に書いて、今の自分とどれだけギャップが
あるのか分析しました。
1.挨拶のできた人から現場に行かせてもらえます
2.連絡・報告・相談のできる人から現場に行かせてもらえます
3.明るい人から現場に行かせてもらえます
4.周りをイライラさせない人から現場に行かせてもらえます
5.人の言うことを正確に聞ける人から現場に行かせてもらえます
6.愛想よくできる人から現場に行かせてもらえます
7.責任を持てる人から現場に行かせてもらえます
8.返事をきっちりできる人から現場に行かせてもらえます
9.思いやりのある人から現場に行かせてもらえます
10.おせっかいな人から現場に行かせてもらえます
11.しつこい人から現場に行かせてもらえます
12.時間を気にできる人から現場に行かせてもらえます
13.道具の整備ができる人から現場に行かせてもらえます
14.掃除、片付けの上手な人から現場に行かせてもらえます
15.今の自分の立場が明確な人から現場に行かせてもらえます
16.前向きに事を考えられる人から現場に行かせてもらえます
17.感謝のできる人から現場に行かせてもらえます
18.身だしなみのできている人から現場に行かせてもらえます
19.お手伝いのできる人から現場に行かせてもらえます
20.道具を上手に使える人から現場に行かせてもらえます
21.自己紹介のできる人から現場に行かせてもらえます
22.自慢のできる人から現場に行かせてもらえます
23.意見が言える人から現場に行かせてもらえます
24.お手紙をこまめに出せる人から現場に行かせてもらえます
25.トイレ掃除ができる人から現場に行かせてもらえます
26.電話を上手にかけられる人から現場に行かせてもらえます
27.食べるのが早い人から現場に行かせてもらえます
28.お金を大事に使える人から現場に行かせてもらえます
29.そろばんのできる人から現場に行かせてもらえます
30.レポートが分かりやすい人から現場に行かせてもらえます
要するに技術力とか現場力ではなく、"人間力"ができていなければ意味がないということです。 書いていくと「できていること」と、「できていないこと」が浮き彫りになりました。この30箇条は人間力を試す内容で、
「素直さと感謝がなければ人は成長できない」
と秋山社長がおっしゃっていることが骨身にしみます。
最近はこんなことを書くだけで、
「この職場はキツ過ぎる、こいつブラック企業だ~」
と言い放っている人が多くいます。事実、私の職場もそんな話はよく出てきます。表面だけで言っているからそういうことが言えて、本質をよく理解していないから言えるのです。どの道に進むにしろ、自分自身でそれくらいの覚悟、世間に対してそれなりの言霊(ことだま)を届けないと意味ないです。
秋山木工のHPを見て、私自身の未熟さを感じた場面でした。
さて今日は今の職場に入って5周年が経過しました。今日を境にさらに気合を入れて頑張っていこうと思います。引き続きよろしくお願いします。
秋山木工HP
http://www.akiyamamokkou.co.jp/

テーマ:日記だよ
ジャンル:趣味・実用

誕生日のある意味"ディープ"な出来事

2016年5月10日 火曜日

皆様こんばんは(^^)
5月10日、32回目の誕生日を迎えました。
火曜日はお祝いのメッセージを頂きありがとうございます。只今、そのレスを書いているところでありますのでもうしばらくお待ちください。

まさか波乱の一日になるとは思いもしませんでした。この日は鹿児島・熊本では朝から雨が降り続いていました。
昼前に出水にある職場に着いた時には運転規制が出始め、私もっ緊張しつつありました。まず、最初は八代へ上っていきますが早速運転規制がかかり、一部区間が徐行となりました。
この時、もしかしたらと思い泊まり道具を入れたカバンと食料一式を持って乗務しました。
八代に着いて1時間半後、出水に戻る際の列車でのことです。雨は八代へ向かう時と比べておさまり、水俣まで所定運転で向かうことができ、新水俣~水俣へ向かう時に無線が飛び、

「水俣~出水間速度35km/h以下」

と規制が出て、水俣を発車、袋へ向かう際の坂を上り始めた頃、2つ目のR300のカーブを過ぎたときに線路に土砂が流れ込んだのを発見し直ちに非常ブレーキで緊急停車。支障箇所から3m手前で停止することができ脱線は回避できました。このときお客さまは3名乗車、幸い負傷者はいませんでした。お客さまはタクシー便乗となり、水俣①まで退行運転となり(退行運転は動免の審査以来で実務は初めて)、水俣から再び営業運転となり新八代へ、新八代から最終列車として運転となりました。水俣に着いてここから復旧作業の終了まで待機となり、"地獄の時間"を過ごすことに…

2時前に作業終了の連絡と出水到着後の入区手順の連絡があり、運転再開となり2:24に出水着、その後入換で勤務終了が2:42で仮眠できたのが3時過ぎでした。

熊本地震を含めてここ1ヶ月で3回の"貴重な経験"をさせていただき、これも鉄道人としての"一つの経験"として捉えなければならないですね。

誕生日当日としてはなかなか「濃い?」一日でありました。

水曜日の朝、退勤後、再び喉がイガイガしだし、自宅に戻らずにそのまま耳鼻科に向かい、

「この際覚悟を決めてすみずみまで診てもらおう」

ということで鼻からファイバースコープで診てもらうことに…
幸い、私が危惧していた腫瘍等は見つからずに、

「あまりにも気にし過ぎじゃないですか~」

と言われる始末に…

一度このようなことに遭遇してしまうと、最悪な出来事まで想定してしまう私の悪い習慣が出ています。だって、不安ですもん

といった具合に33年目の一歩を踏みしめたいと思います!

テーマ:日記だよ
ジャンル:趣味・実用