プロフィール

kurochan

Author:kurochan
マエ×ドキとは前向きとドキドキの造語。
日々の出来事をひたすら前向きに、そしてドキドキとしながら楽しむ毎日。
記録というものがいつしかそれが記憶となり、ヒトは成長する。
そんなたった一度しかない物語をプロデュースします!
どうぞよろしくお願いします!

《閲覧規約》

1.(サイトの開設の趣旨)
(1)mae×Doki produce!(以下当サイト)は、管理人であるkurochan(以下管理人)が個人で運営し、日常の動きやレポートなどを公開している。
2.(サイト閲覧にあたって)
(2)当サイトは、個人運営サイトのため、内容についての質問・問い合わせはメールフォームまたは管理人へメールでの対応とする。特に鉄道部門に関しては、絶対にJR及びその他の鉄道会社への問い合わせをしてはならない。
(3)当サイトを利用されたことによって何らかの損害が発生しても管理人は一切の責任を負わない。

3.(著作権について)
(4)当サイトに掲載されている画像、文書及び作品などは、管理人もしくは画像提供者に帰属する。したがって、これらの無断転載及び無断改変は禁止する。
(5)(4)のような違反行為が発覚した場合、管理人は当サイト及び当ブログでIPアドレス・ホスト名等の公表・告知、”著作権法違反”とみなし、各プロバイダーに問い合わせ削除要請、賠償金請求などの厳重たる措置をとることができる。
(6)当サイトの画像、文書及び作品などを使用したい場合は、事前に必ず管理人へメールで許可申請をしなければならない。その際、使用場所、使用用途、使用理由を明確に申請しなければならない。
(7)(6)の使用理由の内容及び、当サイトの運営上不適当と判断した場合は許可しない。
(8)(6)の使用許可後は、当サイトのファイルであることを必ず明記し、直リンクで転載してはならない。なお、違反行為が発覚した場合、管理人は(5)の措置をとることができる。

4.(リンクについて)
(9)当サイトのリンクはトップページに限りフリーとする。相互リンクの際は事前に管理人へメールで相互リンク依頼申請をしなければならない。管理人で検討し、可否をメールで回答する。
(10)(9)の相互リンク先の内容が当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合は許可しない。その場合は、メールで回答する。
(11)トップページ以外のページへのリンク設定はしてはならない。
(12)違反が発覚した場合、リンク継続及び当サイトの運営上不適当と判断した場合、管理人は予告なく打ち切ることができる。

5.(ブログのコメントについて)
(13)当サイトのブログ内にコメントを入力することができる。コメントについては荒らし防止のため承認制とし、管理人で承認してからの掲載とする。管理人や他の閲覧者に不快感を与えるコメント、当サイト・ブログ運営上不適当と判断したコメントは予告なく削除できる。また、コメント掲載後当サイト・ブログの運営上不適当と判断した場合、不適当と判断した以前のものについても同様とする。
(14)当サイトのブログのコメントでは要望事項・苦情・記事に関する問い合わせ等は受け付けない。これらの内容については当サイトにあるメールフォームからの問い合わせ及び管理人へのメールでの対応とする。それ以外の方法では受け付けない。

6.(メールフォームについて)
(15)当サイトではメールフォームにて問い合わせをすることができる。
(16)トラブル防止と荒らし対策のため、匿名では受け付けない。必ず本名・メールアドレス等必要事項を記入しなければならない。
(17)(16)から取得した個人情報に関する取り扱いは次項の規定に準ずる。

7.(個人情報に関する取り扱いについて)
(18)当サイトのメールフォームから取得した個人情報は、管理人からの連絡のみに使用する。ただし、法令に基づいた開示を求められた場合を除き、承諾なしに第三者に提供、開示をしない。
※ご意見・ご質問・苦情に関して
メールはこちら
携帯からはこちら
(2013年10月1日制定)

Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

ナイトビュー姨捨で夜景を楽しむ(その1)

2016年5月14日 土曜日

今回から複数回に分けて2016年5月13日~5月15日にかけて出掛けてきた関東~信州~新潟の遠征の模様を書いていきたいと思います。今回の遠征の記事は、順番に書くのではなく、テーマ別に書いていこうと思います。

と言いますのは、順番に書いていってしまうとかなりの量になり、後から見返すときに分かりにくくなる恐れがあるためです。
よく旅行記となると順番に書くのが確かにセオリーであり、流れが分かりますが…、今回はそのようにさせていただくことをご了承ください。

この日の夕方、晩飯とワインを調達し、在来線乗り場へ向かうとお目当ての列車がやってきました。

ASF_9387-2.jpg

ASF_9381-2.jpg

ASF_9380-2.jpg

今回乗車するナイトビュー姨捨はHB-E-300系で次世代型ハイブリッド気動車です。2010年に長野地区に導入し、その後、秋田地区・青森地区にも導入されています。長野地区では「リゾートビューふるさと」として運転しており、昼間は長野~松本経由で大戸線に乗り入れJR西日本との境界駅である南小谷まで結んでおり、夜はこの「ナイトビュー姨捨」(例年4月~9月の期間限定)として長野~姨捨間で運転しています。

ASF_9390-2.jpg

ASF_9391-2.jpg

次に字幕なのですが、ナイトビュー姨捨独特の字幕が用意されており、星と三日月が描かれている可愛い仕様となっています。
列車となると字幕も必ずと言っていいほどおさえる私ですが、なかなかの粋な計らいです。

続いて、車内に乗り込んでみましょう。

ASF_9393-2.jpg

ASF_9395-2.jpg

写真でお分かりと思いますが、シートピッチがグリーン車並みにかなり広めになっており、もちろんリクライニングもしますので、快適に過ごすことができます。シートデザインもブラウンを基調とし、レッグレストと端の部分は赤色で構成されており、九州とは違ったデザインとなっています。(別に九州で多用されている某先生を批判しているのではない!→ココは大事)

ASF_9396-2.jpg

RESORT HYBRID TRAIN

ASF_9398-2.jpg

先頭車と最後尾には、写真のような展望スペースが設けられており、運転台からの景色も一望することができます。

ASF_9400-2.jpg

ASF_9406-2.jpg

長野県のゆるキャラ「アルクマ」くんです。こちらと記念ボードとも絡めて…

ASF_9410-2.jpg

晩酌用のワインです。長野駅で購入しました。

ASF_9412-2.jpg

列車が発車し、2人で弁当とワインで"晩酌"ならぬ、"呑み鉄"が始まりました。途中、篠ノ井からは篠ノ井線に乗り入れ、桑ノ原信号所で運転停車したのち姨捨へと向かいます。

ASF_9415-2.jpg

姨捨に到着し、このまま復路発車まで待機かと思いきや…

「そんな甘い話はない!」

なぜ待機しないのか?というかできないのか?
実は姨捨駅の駅の構造にあります。姨捨駅はスイッチバック駅です。長野方面からの場合、一旦松本側にあるスイッチバック専用の引き上げ線に入り、そこから駅構内に入り、発車時はそこからさらに山側の線路に入り松本方面へと向かいます。ただし、特急などの通過列車の場合は、駅構内には入らずにそのまま通過していきます。九州のスイッチバックのある駅と違う構造です。
その関係で、姨捨駅に長時間列車を停めることができないため、姨捨到着後は、2駅先の聖高原駅まで回送となります。

はい、この予備知識を失念しておりました(汗)

さて、ここからはお待ちかねの夜景であります~

その2に続く

にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

夏の終わりの大分路でプレミアムな列車を追う

皆様こんにちは(^^)
先週の木曜日の深夜からななつ星の迂回運転で大分に出掛けていました。
現在3日目の夜に通る肥薩線(八代~人吉)不通に伴い、迂回運転が行われています。第1週目は日豊本線経由で大分に向かい、大分から所定の久大本線に入るルートでした。撮影に行った第2週目も同じルートでした。

23時に鹿児島を出発し、九州道+宮崎道+東九州道と途中仮眠休憩をはさんで、5時に臼杵駅に到着。そこから少し東よりにある撮影ポイントへ移動。
車を止めて、場所を探しているとたまたま通りかかった新聞配達のおばちゃんが親切にも場所を案内してくださいました。ありがとうございます。

6時のサイレンが鳴り、しばらくするとゆっくりとした速度で通過。

ASF_6982-2.jpg

今度は臼杵駅へ移動し、駅撮り。早朝から多くの方がいらしていました。

ASF_6985-2.jpg

ASF_6984-2.jpg

臼杵というと国宝に指定されている臼杵石仏、もちろんこちらと絡めなければなりません。

ASF_6999-2.jpg

ASF_7001-2.jpg

大分方面からの貨物を撮影した後、再び最初に撮影した場所付近へ移動。

ASF_7005-2.jpg

ASF_7020-2.jpg

今度は海岸からで、1日2往復やってくるソニックの撮影でした。
1本目をこちらで、2本目を熊崎近辺で狙おうとしていたのですが、2本目は道順を間違えてあえなく失敗!仕方なく、坂ノ市に抜けてそこからは国道197号に沿って鶴崎方面へ。
大在でななつ星が停車しているのを確認した後、大野川近辺に止めて、別の列車の撮影を…

ASF_7036-2.jpg

ASF_7042-2.jpg

ASF_7044-2.jpg

数本撮影後、早めに乙津川へ

ASF_7049-2.jpg

ASF_7063-2.jpg

ASF_7082-2.jpg

第1週目は貨物が通過後に上ってくるとのことでした。しかし、ここからが地獄の始まりでした。9時台はまだ415系やキハ220形がやってきたのでよかったのですが、10時台になると特急以外は全て815系、これでもかというくらいでした。

ASF_7071-2.jpg

ASF_7101-2.jpg

ASF_7087-2.jpg

ASF_7094-2.jpg

ASF_7099-2.jpg

「俺、今日815の撮影に来たんじゃねぇんだよ!」

ASF_7075-2.jpg

という感じです。そして12時過ぎにやってきました。

ASF_7112-2.jpg

ASF_7116-2.jpg

酷暑にどうにか耐えました。
せっかくなので大分駅に寄って昼飯&おおいたシティ散策をしてきました。
もちろん、最上階にある温泉にも立ち寄りました。値段はかなりしましたが、それなりに頂上の露天風呂からの眺めも楽しむことができました。

15時に大分駅を出てここから帰路へ向かったのですが、佐伯IC過ぎから激しい睡魔が襲い、蒲江ICで一旦降りてかまえインターパークで1時間休憩した後さらに南へ。延岡に入ってからはさらに酷くなり、運転に支障をきたすため急遽ルートイン延岡駅前で宿泊。
延岡駅横のセブンで晩飯を買うも、食べるペースがすごくスローでなんとか無理に食べきりそのまま就寝。
翌朝、激しい頭痛に耐えながら昼過ぎにやっと帰宅。

日曜日から昨日までは再び仕事でした。夕方の列車で出水に戻るときに急に激しい頭痛と冷や汗でダラダラになり、体温計を計ったら37.4℃でY先輩から

「代わりの運転士付けるからとりあえず病院行ってこい!」

となり、出水市総合医療センターへ。2時間位安静にして様子を見ましょうとのことで熱冷ましの薬をもらい、この日はそれで終了!
翌朝は、どうにか運転できると判断し、一番列車から運転再開。
一昨日、昨日も体調が思わしくない場面もありましたが、日曜日ほどではないので一安心でした。
昨日の帰宅後、晩飯前まで泥のように寝て、日曜日よりはマシかなといったところです。
今日と明日は休みですのでゆっくりしたいと思います。

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

たま、宮崎までまっしぐら

2010年9月12日 日曜日

11日からゲキヤス切符で乗り鉄遠征のメインになる5007Mに乗り宮崎に行きました。

前日からドリームにちりんを宿にして博多に到着後、朝飯を済ませ、入線を待ちます。

FSC_1270-2.jpg

5007M→6529M→5020Mは宮崎県応援キャンペーンの一環で9月11・12・18~20・23・25・26日の8日間は通常は783系ですが、この期間は885系のSM8編成でしかもたま電車と称してラッピングを施して宮崎まで運用となりました。これだったら絶対乗らなきゃ!!で乗りました。

まずは1号車から順に撮ってみました。

FSC_1274-2.jpg

1号車

FSC_1275-2.jpg

2号車

FSC_1278-2.jpg

3号車

FSC_1280-2.jpg

4号車

FSC_1283-2.jpg

5号車

FSC_1292-2.jpg

6号車

予想以上に可愛いデザインでした。しかもたまのイラスト、まさかアレまで描かれているなんて…

アレってなんだろう、細部まで見てみれば分かります。

FSC_1299-2.jpg

ホーム電光掲示板はちゃんと6両と記載してありましたが、車内放送では

「本日車内販売を行います。どうぞご利用ください。」

とあったにも関わらず、電光掲示板では、

「車内販売・グリーン車サービスを行っておりません」と…、オイ!!

FSC_1308-2.jpg

ダイヤは通常の5007Mで動くため、小倉まではノロノロ運転でした。小倉からソニック本来のスピードでの運転でもちろん振り子も作動しました。
車内販売もあり、2回目の車販の際、別府駅で弁当を積み込むとのことでしたが、数量に限りがあり大分駅を過ぎると追加ができないとのことなので予約を受け付けるとのことなので、早速予約。そうしないと宮崎空港に着いて折り返しで帰る14時まで昼飯が食えなくなるからです。

FSC_1319-2.jpg

車内ではのぞいているたまも、

「か、かわいい~」

天気も良く、全速力で大分まで駆け抜けます。

FSC_1350-2.jpg

485系との並びを撮って、ここから885系で初めての区間を通ります。大分からは単線になるため速度は若干落ちましたが、佐伯までは高速化対応しているためスピードを出しながら向かいます。臼杵到着前には臼杵石仏の案内がありました。

佐伯からは宗太郎越えです。ここになると速度は485系とほとんど変わりません。もちらん振り子は作動しません。

宗太郎に着き、ここでは485系と交換で待ちます。10名くらいの方が待ち構えていました。

FSC_1364-2.jpg

延岡に着く前に鮎料理の案内がありました。延岡に着き撮影します。

FSC_1370-2.jpg

FSC_1374-2.jpg

撮影後、再び乗り込み午前中に予約した弁当を食べながら日向灘を全力で下っていき、佐土原に着きますが、ホームの関係上、6号車はドアカットとなりました。

宮崎に着き、ここでも4分時間があるため撮影しました。

FSC_1381-2.jpg

その後、約10分で終点宮崎空港に到着しました。ここでは多くの方が撮影をし、宮崎神宮までの回送の時間まで多くの方が記念撮影などをしていました。

次の列車まで待ち、5018Mに乗り宮崎へ向かい、6529Mが来るまで待ちます。宮崎神宮から回送がやってきましたが、

「1・2号車からはご乗車になれませんのでご了承ください」

とのアナウンスがありました。この列車は折り返し5020Mで博多に帰る運用でした。自由席の3~6号車は半分くらい埋まっていました。折り返しの5020Mで南宮崎駅まで乗車しました。

あと残り6日ありますのでまだの方は撮影・乗車していきましょう!!

~もしよろしければ下のボタンのクリックをお願いいたします。~

にほんブログ村 鉄道ブロ<br />グ 九州の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用

夏の宗太郎越え撮影記

2010年7月31日 土曜日

日付が土曜日に変わる頃に車で延岡を越え、宗太郎を経て、北は狩生まで行きました。
目的は、これから記事を書いていくAKIBA TRAINの撮影がメインですが、せっかくこの辺りまで行くなら宗太郎越えの撮影もしたかったので、思い切ってやりました。
都城・延岡で少し休みを取りながら車を走らせ、延岡からは国道10号で北へ…
市棚辺りから霧がかかってきて、ポツリと雨が降ってきたものの、ほんの少しだけでした。
重岡からはさらに霧が濃くなり、大丈夫だろうかと心配しながらでしたが、川原木辺りからは天気が良くなり、6時頃川原木信号所へ

車を降りて移動しますが、降りた途端、犬が吠えだして、しかも響くので"イライラが筋肉"になりつつ、一旦退散。
20分くらいして、今度はあまり音をたてないように車を出て移動します。

信号所まではほんの数分でたどり着きますが、草が生い茂って、地面がじめじめとしていたので歩きづらく、ヘビやスズメバチに注意しながら移動しなければならないため、坂を上がるのがやっとでした。

DSC_8291-2.jpg

時間になってやってきました。まずは延岡側から2760Dが先に到着

DSC_8299-2.jpg

30秒後に佐伯側から2761Dがやってきました。

DSC_8303-2.jpg

キハ220形同士が並びます。朝の普通列車同士との並びはこれだけです。しかも、川原木信号所でキハ220形同士の並びは1日1回しかありません。

DSC_8310-2.jpg

交換後、すぐ発車していきました。2760Dはキハ220-212、2761Dはキハ220-204でした。

撮影後、佐伯方面まで移動し、佐伯方面に行くならもう1つ外せない列車があります。それを撮るためです。

海と絡めたいということなので、狩生のカーブへ

7時半というのにすでに太陽が容赦なく照りだしてきました。

DSC_8319-2.jpg

まず練習で、815系を撮影。

DSC_8331-2.jpg

続いて、3014Mです。883系です。883系の撮影でやってきました。ここには1日1往復しかやって来ない列車です。う~ん、踏切手前から撮った方がよかったかな~

DSC_8346-2.jpg

この構図の方がよかったかも~、でも今度は海が…

20分くらいしてから、今度は一気に南下、宗太郎駅へと移動しましたが、車を止めようとしたとき、スズメバチが2匹接近してきて、車から出られない状態になり、駅訪問は断念。市棚へ移動。
市棚ときたら例の場所へ

485系の撮影です。

DSC_8349-2.jpg

DSC_8361-2.jpg

すぐ近くがキャンプ場ですので、川遊びをしている人もチラホラいました。

「川で遊びてぇ~、」

1時間近く撮影して、道の駅北川はゆまで早めの昼飯です。

宗太郎越えでの撮影はひとまずここまで…

昼からAKIBA TRAINの撮影で南下していきます。

~もしよろしければ下のボタンのクリックをお願いいたします。~

にほんブログ村 鉄道ブロ<br />グ 九州の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ:鉄道
ジャンル:趣味・実用